• balance e plusができるまで
  • シリーズ一覧
  • お客様の声
  • 飛距離アップ術
  • 取り扱い店一覧
  • 腰痛ラボ
  • 新着情報
  • 飛距離の目安
    男性
    女性
  • ボールの位置
    ドライバー
    フェアウェイウッド
    ユニティー/ロングアイアン
    ミドルアイアン
    ショートアイアン
  • スイングの基本
    ショルダーターン
    ウエイトシフト
    フォアームローテーション
    ヒンジング
  • 飛距離アップの為に
    スクールに通う
    からだを鍛える
    とにかく練習する
    グリップ
    ボール
    シャフトを変える
    ドライバーを変える
  • ヘッドスピードを上げる方法
    背筋の筋力アップ
    下半身の筋力アップ
    重たいもので素振り
    インパクトで止める意識を高める
    軽量化されたクラブに変えてみる
    正しいスイング
  • 打ち方
    アイアン
    ドライバー
  • 飛距離測定方法
    GPSナビ
    ショップで測定
    練習場で測定
    携帯アプリ
  • セットアップ
    グリップ
    コック
    アドレス
    テイクバック
    バックスイング
    フォワードスイング
    インパクト
    フォロースルー
    フィニッシュ
  • アプローチ
    ランニングアプローチ
    ピッチ&ラン
    ロブショット
  • 練習方法
    初心者
    初級者
    中級者
    上級者
  • 実践飛距離アップ
    基本を見直し飛距離アップ
    自宅で簡単にできる飛距離アップトレーニング
    女性のための飛距離アップ術
    飛距離アップ3か条
    1日3分の飛距離アップ法
  • 飛距離アップのための練習方法(スイング編)
    イメージでスイングの感覚を身につける
    グリップ1つでスイングが変わる
    スイングはアドレスで決まる
    スイングの全てが詰まったハーフスイング
    正しいバックスイングの仕方
  • 飛距離アップのための練習方法(ドライバー編)
    ドライバーでヘッドスピードを上げる方法
    ドライバーのスライスの種類と原因
    ドライバーのアドレスは前傾角度がポイント
    ドライバーの正しい打ち方
    ドライバーショットを安定させる3か条
  • 飛距離アップのための練習方法(アプローチ編)
    アプローチの基本
    アプローチの距離感の作り方
    失敗しない!アプローチの打ち方
    アプローチの種類と特徴
    ミスショットを減らす方法
  • 飛距離アップのための練習方法(バンカー編)
    バンカーショットの基本
    バンカーショットの距離感
    柔かい砂でのバンカーショットの打ち方
    硬い砂でのバンカーショットの打ち方
    斜面の角度別バンカーショットの打ち方
  • 飛距離アップのための練習方法(パター編)
    パターの基本
    距離感の合わせ方
    ショートパット編
    ラインの読み方
    パターの構え方

ゴルフの飛距離アップ術

飛距離アップのための練習方法(パター編)

パターの構え方

ドラコンネックレス

ドライバーやフェアウェイウッド、アイアンのショットはそこそこ上手くいくのに、
パターとなると感覚がつかめず、なかなかスコアがまとまらない・・・と悩んでいるゴルフ初心者の方も多いのではないでしょうか。

じつは、ゴルフをやる前は一番簡単に見えるパターですが、
難しくスコアに一番影響すると言われています。

今回は、パターを制するものはゴルフを制すると言われている
パターの構え方を説明していきます。

ドラコンネックレス
基本的な構え方
①前傾姿勢

パターは、かがまず背中を伸ばして構えます。
基本的に背中を丸めて打つ事はありません。
背中を伸ばすには、前傾姿勢を取る際に、足の付け根から上半身を前傾させることがポイントとなります。
また、お尻を後ろに突き出すイメージで構えてみましょう。

②腕を肩から真っ直ぐに垂らす

前傾姿勢をとった状態で、肩からまっすぐに腕を垂らして下さい。
肩の力を抜き、腕がブランと垂れ下がっている状態で肩の真下に両手がくるイメージすると上手くできます。
こうすることで、自然な腕の動きでストロークすることが可能になります。
両手の位置が体に近すぎると、ストロークがぎこちなくなり、体から遠すぎると真っ直ぐにストロークするのが難しくなるため注意しましょう。

③スタンス

スタンス幅は、自分がしっくりくる幅でアドレスをしましょう。
スタンスの幅を広くとると、下半身が安定しやすいです。
また、スタンスの幅が狭いと、風の強い日には風の影響を受けてストロークが不安定になりやすいので、注意しながら打ちましょう。

④目とボールの位置

パターを構えてボールを見下ろした際、目の真下にボールがあるのが理想とされています。
この場合、アドレスした状態で地面を見た時、目の真下か真下の少し左がボールの位置になります。
左目の真下くらいのイメージで構えてみましょう。

⑤グリップの位置

パターは両手の位置も重要なポイントとなります。
体の中心でグリップを構えると(ベルトのバックルあたり)、インパクトの時にフェースが開いて当たりやすくなります。
これを防ぐために、グリップの位置は、アドレスした時に左足太ももの付け根の内側になるようにセットし、軽くハンドファーストに構えます。
こうすることで、ピンに向かって真っ直ぐにストロークしやすくなります。
また、グリップは、柔らかく握りましょう。

ドラコンネックレス
パターをマスターし早く飛距離を伸ばしたい場合

時間がないけど飛距離を伸ばしたい!パターをマスターしてスコアアップを目指したいから同時に飛距離も伸ばしたい!と思っている方。身につけるだけで飛距離がアップするという補助アクセサリーを使用する方法もオススメです。プロも使用していたりと、安心して身につけることができます。

★ すぐに飛距離アップが実感できる「ドラコンネックレス」はこちらから

ドラコンネックレス
  • balance e plusができるまで
  • シリーズ一覧
  • お客様の声
  • 飛距離アップ術
  • 取り扱い店一覧
  • 腰痛ラボ
  • 新着情報
全額返金保証で試してみる!
楽天で試す!
アマゾンで試す!
ヤフーで試す!

ページTOPへ