• balance e plusができるまで
  • シリーズ一覧
  • お客様の声
  • 飛距離アップ術
  • 取り扱い店一覧
  • 腰痛ラボ
  • 新着情報
  • 飛距離の目安
    男性
    女性
  • ボールの位置
    ドライバー
    フェアウェイウッド
    ユニティー/ロングアイアン
    ミドルアイアン
    ショートアイアン
  • スイングの基本
    ショルダーターン
    ウエイトシフト
    フォアームローテーション
    ヒンジング
  • 飛距離アップの為に
    スクールに通う
    からだを鍛える
    とにかく練習する
    グリップ
    ボール
    シャフトを変える
    ドライバーを変える
  • ヘッドスピードを上げる方法
    背筋の筋力アップ
    下半身の筋力アップ
    重たいもので素振り
    インパクトで止める意識を高める
    軽量化されたクラブに変えてみる
    正しいスイング
  • 打ち方
    アイアン
    ドライバー
  • 飛距離測定方法
    GPSナビ
    ショップで測定
    練習場で測定
    携帯アプリ
  • セットアップ
    グリップ
    コック
    アドレス
    テイクバック
    バックスイング
    フォワードスイング
    インパクト
    フォロースルー
    フィニッシュ
  • アプローチ
    ランニングアプローチ
    ピッチ&ラン
    ロブショット
  • 練習方法
    初心者
    初級者
    中級者
    上級者
  • 実践飛距離アップ
    基本を見直し飛距離アップ
    自宅で簡単にできる飛距離アップトレーニング
    女性のための飛距離アップ術
    飛距離アップ3か条
    1日3分の飛距離アップ法
  • 飛距離アップのための練習方法(スイング編)
    イメージでスイングの感覚を身につける
    グリップ1つでスイングが変わる
    スイングはアドレスで決まる
    スイングの全てが詰まったハーフスイング
    正しいバックスイングの仕方
  • 飛距離アップのための練習方法(ドライバー編)
    ドライバーでヘッドスピードを上げる方法
    ドライバーのスライスの種類と原因
    ドライバーのアドレスは前傾角度がポイント
    ドライバーの正しい打ち方
    ドライバーショットを安定させる3か条
  • 飛距離アップのための練習方法(アプローチ編)
    アプローチの基本
    アプローチの距離感の作り方
    失敗しない!アプローチの打ち方
    アプローチの種類と特徴
    ミスショットを減らす方法
  • 飛距離アップのための練習方法(バンカー編)
    バンカーショットの基本
    バンカーショットの距離感
    柔かい砂でのバンカーショットの打ち方
    硬い砂でのバンカーショットの打ち方
    斜面の角度別バンカーショットの打ち方
  • 飛距離アップのための練習方法(パター編)
    パターの基本
    距離感の合わせ方
    ショートパット編
    ラインの読み方
    パターの構え方

ゴルフの飛距離アップ術

飛距離アップのための練習方法(パター編)

ショートパット編

ドラコンネックレス

パット数は、「2回」で納めることが大体の基準となっています。
グリーン状況によっては、「2回」で致し方なしというケースもありますが、基本は「2回」であり、「3回」打つとミスをしたという感覚となるものです。そのため、ショートパットは外せないと緊張してしまう人が多いのです。

しかし、ショートパットはラインを正確に読むことができれば確実に入れることはできるのです!

今回は、そんなショートパットの失敗の原因と、上達方法を説明していきます。

ドラコンネックレス
ショートパットが入らない原因
①手がスムーズに動かせていない

ショートパットが外れてしまう最も大きな要因となるのが「パッティング時に手をスムーズに動かせていない」というこです。
ヘッドを走らせて打つドライバーやアイアンとは違い、パターは、手とパターヘッドが一体化して動く打ち方になります。
ですので、手の動きがスムーズでないと、パターヘッドも上手く動かず、ショートパットが入らない原因となるのです。

②ボールのセッティング場所が悪い

ショートパットは、「ラインに対して正しくヘッドが垂直に構えられているか」が重要なポイントとなります。
ショートパットが苦手な人は、カップへの意識が強くなりすぎ視線がカップにいきがちです。
その結果、ボール位置がずれ弱い球足となってしまうのです。

③肩のライン

ショートパットが苦手な人に多いのが、「肩ラインがパッティングラインに対して、オープンになってしまっている」ことです。
短い距離だからこそ、しっかりとパッティングラインに対して、肩ラインを平行に合わせる意識を持つことが大切なのです。

ドラコンネックレス
ショートパット上達方法

ポイント①

グリップを短く持つ

ショートパットはとてもデリケートなため、ヘッドの動きを安定させる必要があります。
長すぎるシャフトだと、ボールまでの距離が遠く中々ヘッドの動きが安定しません。
ですので、今使っているパターを短く持ち打つとヘッドが安定します。

ポイント②

カップに意識を向けすぎない

ショートパットの場合、どうしてもボールを一発で入れたいとカップに意識がいきがちです。
ショートパットは、安定性が一番重要とされているため、カップに意識が向くとフォームが乱れてしまいます。
まずは、入れたいという意識ではなく、正確に打つという意識を大切にしましょう。

ドラコンネックレス
パターをマスターし早く飛距離を伸ばしたい場合

飛距離アップをwebで調べてよく目にする方法として、「身体を鍛える」や「道具を買い換える」など、お金がかかったりするものが多いですよね。少し無理のある筋トレ方法だったりと、飛距離アップの方法をwebで調べて諦めてしまう方が多いのではないでしょうか。
そんな方にオススメの飛距離アップの方法、それがゴルフで飛距離が伸びると今数々のプロも愛用している「ドラコンネックレス」です。無理な筋トレやドライバーを新調しなくてすむのはもちろん、ゴルフでの女性の飛距離アップも証明されています。

★ すぐに飛距離アップが実感できる「ドラコンネックレス」はこちらから

ドラコンネックレス
  • balance e plusができるまで
  • シリーズ一覧
  • お客様の声
  • 飛距離アップ術
  • 取り扱い店一覧
  • 腰痛ラボ
  • 新着情報
全額返金保証で試してみる!
楽天で試す!
アマゾンで試す!
ヤフーで試す!

ページTOPへ