• balance e plusができるまで
  • シリーズ一覧
  • お客様の声
  • 飛距離アップ術
  • 取り扱い店一覧
  • 腰痛ラボ
  • 新着情報
  • 飛距離の目安
    男性
    女性
  • ボールの位置
    ドライバー
    フェアウェイウッド
    ユニティー/ロングアイアン
    ミドルアイアン
    ショートアイアン
  • スイングの基本
    ショルダーターン
    ウエイトシフト
    フォアームローテーション
    ヒンジング
  • 飛距離アップの為に
    スクールに通う
    からだを鍛える
    とにかく練習する
    グリップ
    ボール
    シャフトを変える
    ドライバーを変える
  • ヘッドスピードを上げる方法
    背筋の筋力アップ
    下半身の筋力アップ
    重たいもので素振り
    インパクトで止める意識を高める
    軽量化されたクラブに変えてみる
    正しいスイング
  • 打ち方
    アイアン
    ドライバー
  • 飛距離測定方法
    GPSナビ
    ショップで測定
    練習場で測定
    携帯アプリ
  • セットアップ
    グリップ
    コック
    アドレス
    テイクバック
    バックスイング
    フォワードスイング
    インパクト
    フォロースルー
    フィニッシュ
  • アプローチ
    ランニングアプローチ
    ピッチ&ラン
    ロブショット
  • 練習方法
    初心者
    初級者
    中級者
    上級者
  • 実践飛距離アップ
    基本を見直し飛距離アップ
    自宅で簡単にできる飛距離アップトレーニング
    女性のための飛距離アップ術
    飛距離アップ3か条
    1日3分の飛距離アップ法
  • 飛距離アップのための練習方法(スイング編)
    イメージでスイングの感覚を身につける
    グリップ1つでスイングが変わる
    スイングはアドレスで決まる
    スイングの全てが詰まったハーフスイング
    正しいバックスイングの仕方
  • 飛距離アップのための練習方法(ドライバー編)
    ドライバーでヘッドスピードを上げる方法
    ドライバーのスライスの種類と原因
    ドライバーのアドレスは前傾角度がポイント
    ドライバーの正しい打ち方
    ドライバーショットを安定させる3か条
  • 飛距離アップのための練習方法(アプローチ編)
    アプローチの基本
    アプローチの距離感の作り方
    失敗しない!アプローチの打ち方
    アプローチの種類と特徴
    ミスショットを減らす方法
  • 飛距離アップのための練習方法(バンカー編)
    バンカーショットの基本
    バンカーショットの距離感
    柔かい砂でのバンカーショットの打ち方
    硬い砂でのバンカーショットの打ち方
    斜面の角度別バンカーショットの打ち方
  • 飛距離アップのための練習方法(パター編)
    パターの基本
    距離感の合わせ方
    ショートパット編
    ラインの読み方
    パターの構え方

ゴルフの飛距離アップ術

飛距離アップのための練習方法(パター編)

距離感の合わせ方

ドラコンネックレス

パターは距離感が大切と言われていますが、正確に距離感を出すには経験がないと難しいとされています。
ましてやゴルフ初心者の方などはどれくらい打てばどれくらい転がるかなどわからないですよね。

しかし、届かないパッティングは方向が合っても入りません。
せっかくゴルフを楽しむのであれば、スコアも伸ばしたいですよね!

経験者でも距離感をつかむのが難しいとされているパター。
今回は、ゴルフ初心者の方でも距離感を出せる方法をわかりやすく説明していきます。

ドラコンネックレス
距離感の合わせ方のポイント

ポイント①

同伴者のパッティングをみて距離感をつかむ

ゴルフはその組の全員のボールがグリーンに乗ったら一番遠い人から打ちます。
その際、先に打った人のグリーンの速さ、状態、傾斜などをみて距離感をつかむことが可能です。
またカップ付近はボールの勢いが一番弱まるところで芝の状態、傾斜の影響が受けやすい箇所なので
先に打った人のボールの動きをしっかりと観察しておくことが重要なポイントとなります。

ポイント②

少しオーバー気味に打つ

パターは、ボールが届かないとカップインできません。
ゴルフ初心者の方やアマチュアゴルファーの方はパッティングの距離感をどうしてもカップギリギリに設定したくなりますが、カップギリギリが一番カップインさせにくいのです。
ですので、少しオーバー気味に打つことがポイントとなります。
しかし、強く打ちすぎてオーバーしすぎないように注意しましょう。

ポイント③

短い距離から練習する

距離感を出すには、ロングパットを練習する人が多いかと思います。
しかし、まずは1mの距離をしっかりと合わせる練習をすることが大切です。
そして1mの距離感をつかめたら、次は1.5m、2mと距離を伸ばしていき距離感をつかんでいきましょう。

ポイント④

見た目で距離感を合わせる

感覚で距離感を合わせる方法です。
ボールの後ろに立ち、カップを見ながら連続で素振りをします。
感覚的に「これくらいで打てば寄る」と感じることができるまで続けます。
感覚をインプットしてそのストロークを再現することで距離感を出すことができます。

ポイント⑤

スムーズなストローク

この方法は、いかにスムーズにヘッドを動かすかということがポイントとなります。
また、自分の思い通りにヘッドを動かせるかどうかが、距離感を出していくカギになります。
スムーズなパッティングストロークを行なうには、グリップを握る強さがとても大切です。
どんな打ち方にしても強く握ってしまうと、手首の動きが制限され、
ヘッドをスムーズに動かすことができなくなってしまうため注意しましょう。

ドラコンネックレス
パターをマスターし早く飛距離を伸ばしたい場合

パターの練習に時間を取られて、飛距離アップの練習ができない。と悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。
また、仕事などで時間が作れない方は特に、飛距離アップの方法を調べて諦めてしまう方が多いのではないでしょうか。
そんな方にオススメの飛距離アップの方法、それが飛距離が伸びると今数々のプロも愛用している「ドラコンネックレス」です。ドライバーを新調したり、ゴルフ場で練習をする時間がなくても心配無用。実際にしているプロゴルファーも多く、しっかりと飛距離アップが証明されています。

★ すぐに飛距離アップが実感できる「ドラコンネックレス」はこちらから

ドラコンネックレス
  • balance e plusができるまで
  • シリーズ一覧
  • お客様の声
  • 飛距離アップ術
  • 取り扱い店一覧
  • 腰痛ラボ
  • 新着情報
全額返金保証で試してみる!
楽天で試す!
アマゾンで試す!
ヤフーで試す!

ページTOPへ