• balance e plusができるまで
  • シリーズ一覧
  • お客様の声
  • 飛距離アップ術
  • 取り扱い店一覧
  • 腰痛ラボ
  • 新着情報

トップ > 飛距離アップ術 > 飛距離アップのための練習方法(バンカー編) > 柔かい砂でのバンカーショットの打ち方

  • 飛距離の目安
    男性
    女性
  • ボールの位置
    ドライバー
    フェアウェイウッド
    ユニティー/ロングアイアン
    ミドルアイアン
    ショートアイアン
  • スイングの基本
    ショルダーターン
    ウエイトシフト
    フォアームローテーション
    ヒンジング
  • 飛距離アップの為に
    スクールに通う
    からだを鍛える
    とにかく練習する
    グリップ
    ボール
    シャフトを変える
    ドライバーを変える
  • ヘッドスピードを上げる方法
    背筋の筋力アップ
    下半身の筋力アップ
    重たいもので素振り
    インパクトで止める意識を高める
    軽量化されたクラブに変えてみる
    正しいスイング
  • 打ち方
    アイアン
    ドライバー
  • 飛距離測定方法
    GPSナビ
    ショップで測定
    練習場で測定
    携帯アプリ
  • セットアップ
    グリップ
    コック
    アドレス
    テイクバック
    バックスイング
    フォワードスイング
    インパクト
    フォロースルー
    フィニッシュ
  • アプローチ
    ランニングアプローチ
    ピッチ&ラン
    ロブショット
  • 練習方法
    初心者
    初級者
    中級者
    上級者
  • 実践飛距離アップ
    基本を見直し飛距離アップ
    自宅で簡単にできる飛距離アップトレーニング
    女性のための飛距離アップ術
    飛距離アップ3か条
    1日3分の飛距離アップ法
  • 飛距離アップのための練習方法(スイング編)
    イメージでスイングの感覚を身につける
    グリップ1つでスイングが変わる
    スイングはアドレスで決まる
    スイングの全てが詰まったハーフスイング
    正しいバックスイングの仕方
  • 飛距離アップのための練習方法(ドライバー編)
    ドライバーでヘッドスピードを上げる方法
    ドライバーのスライスの種類と原因
    ドライバーのアドレスは前傾角度がポイント
    ドライバーの正しい打ち方
    ドライバーショットを安定させる3か条
  • 飛距離アップのための練習方法(アプローチ編)
    アプローチの基本
    アプローチの距離感の作り方
    失敗しない!アプローチの打ち方
    アプローチの種類と特徴
    ミスショットを減らす方法
  • 飛距離アップのための練習方法(バンカー編)
    バンカーショットの基本
    バンカーショットの距離感
    柔かい砂でのバンカーショットの打ち方
    硬い砂でのバンカーショットの打ち方
    斜面の角度別バンカーショットの打ち方
  • 飛距離アップのための練習方法(パター編)
    パターの基本
    距離感の合わせ方
    ショートパット編
    ラインの読み方
    パターの構え方

ゴルフの飛距離アップ術

飛距離アップのための練習方法(バンカー編)

柔かい砂でのバンカーショットの打ち方

ドラコンネックレス

バンカーショットといっても天候や、コースの場所によっても状態は様々です。
晴れの日の砂は軽く、雨上がりの砂は重たい。
など、砂の状態によって打ち方を変える必要があります。

しかし、初心者の方はどうショットを変えたらいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、柔かい砂のバンカーショットの打ち方をお教えいたします。

ドラコンネックレス
柔かい砂でのバンカーショット

砂の軟らかいバンカーは別名「目玉」と言われています。
この目玉のバンカーショットはゴルフ初心者の方が苦手とするバンカーショットと言われています。
しかし、そんな初心者の方でも
正しいバンカーショットの打ち方さえすれば目玉からの脱出は意外と簡単にできるのです!

ポイント

①クラブフェースを開かない

通常のバンカーショットの打ち方はフェースを開くのが基本なのですが、
目玉の場合はフェースを開かずに打ちます。
なぜ目玉のバンカーショットではフェースを開かないのかと言うと...
クラブヘッドを潜りにくくさせる効果があるのです。
ですので、フェースを開けば開くほどボールは砂の中に潜り
開けば開くほど砂に潜りにくくなります。

②ボールの位置

ボールは真ん中より右寄りに置きます。
右寄りに置くことで、クラブを鋭角に入れることができ目玉からボールが脱出しやすくなります。
そしてボールの周りの砂ごと掻き出すつもりで思いっきり打ちましょう!

③クラブを鋭角に入れながら体全体を使って振る

通常のバンカーショットの打ち方は振り抜くことが非常に大事なのですが、
目玉のバンカーショットの打ち方では砂の抵抗が大きいので振り抜く必要はありません。

ドラコンネックレス
バンカーショットをマスターし早く飛距離を伸ばしたい場合

ゴルフを始めると、早く飛距離を伸ばしたくなりますよね!
基礎もままならないのに飛距離なんて伸ばせれないか・・・とひたすら基礎を練習している方も多いのではないでしょうか?
最近では、身につけるだけで体の軸が整い飛距離が伸びる!といったような補助アクセサーもあるようです。早く飛距離を伸ばしたい方は一度試してみるの1つの方法かもしませんね。

★ すぐに飛距離アップが実感できる「ドラコンネックレス」はこちらから

ドラコンネックレス
  • balance e plusができるまで
  • シリーズ一覧
  • お客様の声
  • 飛距離アップ術
  • 取り扱い店一覧
  • 腰痛ラボ
  • 新着情報
全額返金保証で試してみる!
楽天で試す!
アマゾンで試す!
ヤフーで試す!

ページTOPへ